あれって幻聴だったのかなって今になって思う事

他の人の幻聴体験を聞いて、

あれって病気の症状だったのかなって思い出したことがあります。

前のマンションに住んでた頃のことです。

私は昼間働きに出てて、

家に帰ると夫君から「タバコをベランダで吸ってると見に来られんねん」

って訴えられたことがありました。

「ごっつい車がマンションの前を巡回してて、

時々出て来てケータイで電話しててこっち見てんねん」

「多分二つ隣の家の人が知り合いか何かに頼んでんねん、

煙そこまで行くし、車の人が出入りしている」

「あそこの家、赤ちゃん居るから煙が気になるんやと思う」

私はそのごっつい車の人を見てないし、

それって本当なの?って疑いながら話を聞いていたけれど

(だっていい大人がわざわざ日中に時間を割いてタバコの見回りに来るか?)

あまりに精神を消耗というか辛そうな状態が数日続いて、

私自身も理解とか共感の態度を示すといったこともなかったから

夫君は段々私に辛く当たるようになって、

夫君も私も耐えられなくなってついに謝罪に行ったんです。

(不審車は夜間に確認した際に念の為警察に相談、巡回に来てもらいました。)

うちの子が1歳頃で、恐らくそのお家の子も1歳位に見えたので

新しく買った紙おむつを手に夫君と一緒に謝りに訪問しました。

(タバコなんてみんな外で吸ってるし、なんでウチだけそこまでせなあかんねん!って思ってました。)

突然の訪問に先方は驚いた様子で、

「そんな、気にしなくてもいいのに…」と奥さんは仰ってました。

見回りをさせてる割にその反応?って私は拍子抜けしてしまいましたが、

夫君は謝りに行って「大丈夫ですよ」って答えてもらって

ようやく安心できたみたいでした。

(その後はやはり人の目が気になって換気扇の下でタバコを吸うようになるのですが。)

その時は千円ちょっとのオムツでご近所との関係が良好になって

夫君の気持ちが落ち着いて家庭内が平和になったので、

まぁ良しとするかと思ったのですが、

最近になって統合失調症のLINEグループで幻聴が話題に上がり、

いろんな人の幻聴体験を聞いて、

「もしかして夫君のアレも幻聴とか幻覚、被害妄想というやつだったのかな?」

と思ったのです。

謝罪先の奥さん、「そんな、いいのに」って仰ってたくらいやし。

夫君が気を遣いすぎてそうなったのかな。

不審車がおったのは事実だけども。

当時、症状に幻聴があるとは聞いていなかったので

夫君の言うことは実際にあったことだったんだろうなと思っていましたが、

もしかしたら症状だったのかもしれないです。

あの時、病気の症状としてそういうことが可能性としてあると知っていたら

もう少し楽だったかもしれないなぁ。

今になって他の人の症状、幻聴体験を聞いて、

具体的に知っておくって大事やなぁと思ったのでした。

ちなみに夫君の幻覚体験としては、

壁中に虫が湧いていてひたすら指で潰すんだけども

潰しても潰しても減らないので幻覚だなって気が付いた。

そういうことがあったそうです。

病気になって割と初期の頃のことです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ

ブログランキングに登録してます。 クリックしていただくとランキングが上位に行くシステムになってます。 是非1日1クリックお願いします!

フォローする