睡眠について うちの夫君の場合

夫君の統合失調症は17歳の時からでした。

今は29歳。

先日の診察時に主治医から、

「寝過ぎ!8時間も寝れば十分!」と言われてきました。

昔は「好きなだけ寝させとけー」と言われてた気がするのだけど、

そうか、もうここまで良くなってるんや、と思ったりしてます。

これまでの睡眠について、振り返ってみたいと思います。

発症から4年(21歳)

夫君と出会ったこの辺りから記憶を辿ってみます。

当時私は学生で、9時に出て、23時頃帰宅する、という生活をしていました。

夫君は私の部屋に住みついてて、日中も私の部屋で過ごしてました。

23時〜24時に晩御飯食べて、1時〜2時に就寝、

朝は8時頃に起きて軽く朝食を摂るというサイクルでした。

そして私が出て行った後は、ゴロゴロ過ごし、眠くなったら眠る、

という風に過ごしていたと聞いています。

一日に12時間は寝てたんじゃないでしょうか。

発症から7年(24歳)

上の子が生まれた頃です。

生後4ヶ月で保育園に預けて仕事復帰してたので、

朝から子供の泣き声を響かせたり、早番の時は保育園送迎をお願いしたり、

好きなように眠れない日がちょこちょこ出てきました。

子供に合わせて私は早く寝るように心掛けましたが、

夫君は学生時の癖が抜けず24時前後に就寝することが多かったです。

日中は車で出掛ける日があったようですが、

仕事(家業手伝い)に行った後や、天気の悪い日はよく寝てました。

感覚としては平均10〜12時間の睡眠でした。

動けるようにはなってきたけども、まだまだ十分な休息が必要という感じです。

発症から9年(26歳)

私の会社の近くに住み替えた頃です。

長い通勤時間と長い保育時間から解放され、

私と子供に余裕ができ、夫君にゆとりが出てきたように思います。

子供の生活リズムを整えるために、早よ寝なあかんなって

認識が変わってきたのもこの頃です。

22時台には布団に入るようになりました。

朝は8時に私と娘が家を出て施錠する音で目覚めてたようです。

その後布団でウトウトしたとして、9〜10時間睡眠ですね。

昼寝はしてたようですが、

日中の活動量が増えていたので昼寝の頻度は落ちていたはずです。

発症から11年(28歳)

この一年は大きな変化がありました。

眠剤がなくなる、リスパダールが1mgになるなど、薬の量が随分と減りました。

週に1〜2日はボランティアに出掛けるなど、時間に合わせて動くことが増え、

惰眠をむさぼる事はなくなってきました。

相変わらずの22〜23時就寝、8〜9時起床でしたが、

この頃から主治医に「昼寝はいらん、寝過ぎ」と言われるようになってきたので、

本人も昼寝ナシを心掛けていたようです。

発症から12年(29歳)

近頃は朝7〜8時に起きるようになりました。

就寝は23時頃なので、8〜9時間睡眠です。

主治医の言葉が効いてるようです。

朝のゴミ出しもしてくれるのでありがたいです。(身体を動かすと目が醒めるし!)

昼寝はしてもすごく疲れた時や、子供の添い寝くらいで稀です。

まとめ

振り返ってみると、やっぱり年単位で良くなってるな〜と思います。

ホンマに、加齢と共に良くなる病気なんやなァ。

(もちろん本人と我々家族の頑張りもあってこそ!)

ただ、睡眠時間なんてのは健常者でも個人差が大きいので、

あくまで一例として捉えて頂きたいです。

参考に?なるのかな?参考になれば幸いです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ

ブログランキングに登録してます。 クリックしていただくとランキングが上位に行くシステムになってます。 是非1日1クリックお願いします!

スポンサーリンク

フォローする